港湾で働くクルマすべてをメンテナンスする。

機械営業部J.T(現業職員)

2016年入社
短期大学卒 自動車工学科 出身

大型特殊車両から一般車両まで。守備範囲は大!

コンテナの積み下ろしをするガントリークレーン、コンテナを運ぶストラドルキャリア、フォークリフト、建設用プラントからトラックなどの一般車両まで、東港で見られるタイヤが付くものすべてのメンテナンスを担当します。定期的なメンテナンスだけでなく、トラブルにも対応します。

子どもの頃から巨大なガントリークレーンに憧れ、自動車整備について学んで入社しましたが、扱う対象が広い上に特殊車両ばかりで、知識や技術は入社後にイチから学んだといってもいいくらいです。1年間は先輩についてOJTで学び、徐々に任せてもらえるようになり、今では一人で案件を担当しています。

突発的なトラブルは原因を突きつめてクリア。

難しいのは突発的なトラブルです。センサーが反応しない、誤作動するなどに対し、原因を推理して可能性をひとつずつ確かめて直します。最新機種は電気制御が進んでいるので、メーカーに問い合わせながら作業することも。直った時の達成感は大きいですね。

こうしたトラブル履歴を持つ車両はその後の定期メンテナンスで入念にチェックします。というのも、港湾使用のスケジュールは綿密に立てられ、どこかで流れがストップすると、お客様はもちろん、ターミナル全体に影響が広がりかねないからです。それを避けるためにも脆弱性への対策は重要です。

安全を守る責任の重さを自覚しクルマに向き合う。

大型特殊重機はその大きさやパワーゆえ、常に危険が伴います。メンテナンスをする我々も、その後に乗るオペレーター、港湾で重機とともに作業する人たちも、みんなが安全であるようにと考えて作業します。それには、専門の知識や技術のスキルアップはもちろんですが、決してそれだけでなく、不具合や危険の情報を聞き出し、それらを共有するためのコミュニケーション力、仕事への責任感も重要だと思います。

目の前の車両だけでなく、それに関わる人やお客様の存在をしっかりと見つめて仕事に向き合っていきたいと思います。

※掲載内容は取材当時(2018年度)のものです。